2016年9月22日木曜日

PS VRで無修正AVが見れる?シネマティックモードで3D動画が仮想空間内のモニターに表示

ポケモンGOと並び、今年のゲーム業界の目玉とされる、プレイステーションVR(PS VR)の発売日である10月13日まで残り3週間ぐらいとなりました。

PS VRは、PS4とセットにしないと動作はしませんが、他のヘッドマウントディスプレイ(HMD)に比べると価格が安く設定されていますので、ゲームマニアだけでなく、VR動画を楽しみたい人にも注目を集めています。

10万円ぐらいするHMDを購入するなら、8万円ぐらいでPS4とPS VRを購入したほうがVR動画だけでなく、バーチャルリアリティを追求したVRゲームもプレイできるので、確実にお得ですからね。

VR対応ゲームでいうと、カプコンの「BIOHAZARD 7 resident evil」なんかはかなり面白そうですし…

さて、360度に対応したVR動画コンテンツは初期の段階ではそうそう数は出ないとは思いますが、PS VRには、「シネマティックモード」というのが用意されており、仮想空間内の大迫力のスクリーンでPS4用のゲームだけでなく、映像コンテンツなどを楽しむことができます。

つまり、シネマティックモードでは、360度の仮想空間に映画館のようなスクリーンが表示され、そこにPS VR非対応のゲームや映像コンテンツが表示されるという仕組みです。

なお、3D映画や3D立体視ゲームは仮想空間内のモニターに2Dで表示されますので、映画館で3D映画を見ているといった感じになるのでしょうね。

さすがに、単なる3D映像を360度のVR映像として出力するのは無理ですからね。

なので、「3Dエロス」が配信しているHMD用のMP4ファイルを再生すれば、360度の仮想空間に出現したスクリーンに3D映像が表示されるということだと思います。

(※「3Dエロス」は、3Dの無修正エロ動画を配信している海外アダルトサイトです)
ちなみに、3Dエロスで配信されているHMD用のMP4ファイルは、1920×540pfで、3Dテレビ&3Dパソコン用のMP4ファイルが1080ph、スマホHMD用のファイルが720phなので、PS VRのようなHMDで視聴したほうが画質は圧倒的にいいです。

まあ、スマホHMD用は1000円程度で購入できますので、3Dの無修正AVを見るだけなら、圧倒的にスマホ用HMDのようがコストパフォーマンスはいいですが…

また、3Dの無修正AVはニンテンドー3DSでも見ることができますが、ニンテンドー3DSは画面が小さいですし、裸眼3Dなので、高価なヘッドマウントディスプレイやスマホ用HMDに比べると、どうしても臨場感がなく、迫力にかけます。

3D映像を期待してニンテンドー3DSを買ったものの、あのしょぼさにガッカリしましたからね。

まあ、ニンテンドー3DS LLでは画面が大きくなっていますので、初期型に比べるとマシになっているのかもしれませんが…

とはいえ、あの画面の大きさで、裸眼3Dでは、あれぐらいの立体化が限界なんでしょうね。

高画質の3D無修正AVを見たい場合には、PS VRなどの高性能なHMDを利用するほうがいいかと思います。

PS VRは、9月24日(土)の午前9時から、ソニーの公式通販サイト「ソニーストア」や全国の実店舗で予約が再開されますので、発売日に欲しい場合には、予約するといいかと思います。

参考:PS VRは9月24日に予約再開!通販より店舗のほう予約できる?

とにかく、PS VRについては、予約や抽選予約がありますので、転売屋からは購入しないほうがいいでしょうね。