2017年11月28日火曜日

Avgleで警告!Windows 7は、お使いのコンピュータにウィルスが存在する可能性を検出しました。

今日、かなり久しぶりに「Avgle」でエロ動画を見ようと思ったら、Webページからのメッセージとして、「警告Windows 7は、お使いのコンピュータにウィルスが存在する可能性を検出しました。5秒間の迅速システムスキャンを実行しています。このページを離れないで下さい。」というウィンドウが表示されました。


これはよくあるセキュリティ詐欺の手口なのですが、ウィンドウの閉じるボタンをクリックしても、新たにウィンドウが立ち上がってブラウザが終了できなくなる悪質なものです。

今回の「警告Windows 7は、お使いのコンピュータにウィルスが存在する可能性を検出しました。5秒間の迅速システムスキャンを実行しています。このページを離れないで下さい。」というものは、このウィンドウを閉じでも、新たにブラウザが立ち上がり、以下のような内容が表示されます。


Microsoft

注意

お使いのコンピュータが感染している可能性があります。5秒間の迅速スキャンを実行ています。

お客様のIPアドレス:(私のIPアドレス) あなたの場所:JP Windowsのバージョン:Windows 7

スキャン中...

・Exp.CVE-2015-2545

そして、このウィンドウを閉じようとしても、Webページからのメッセージとして、「警告!あなたは、Windowsドライバを更新していません。あなたのファイルが完全に削除される前にそうしてください。我々はドライバを更新するまで、あなたがこのページを離れないことを強くお勧めします」というポップアップが表示されて、いつまで経ってもブラウザを終了することができなくなります。

パソコン初心者の方は本当にウィルスに感染したと思ってしまうかもしれませんが、そもそも、Microsoftの公式のものなら、「5秒間の迅速スキャンを実行ています」なんて誤植はありえないので、この時点で偽物だと気づくと思います。

とはいえ、ウィンドウを閉じることができなくなっているので、ブラウザを強制終了する必要があります。

強制終了といっても、テレビゲーム機やスマホのように、電源ボタンを押してリセットすると、PCのデータ破損などが起こる可能性がありますので、Ctrl+Alt+Deleteコマンドを使用しましょう。

詳しくは、「Avgle等でシステム警告:Windowsセキュリティシステムが破損していますが出た時の対処法」を参考にしてみてください。

Avgleは、2017年7月31日発売の「週刊現代 2017年8月12日号」(講談社)で紹介されていた頃は広告も表示されず、神サイト扱いでしたが、今は広告がたくさん表示されますし、今回のようなセキュリティ詐欺系のものも表示されるようになっていますので、初心者は利用しないほうが無難だと思います。

また、ストリーミング視聴ではなく、Avgleにアップロードされているエロ動画をダウンロードすると、ダウンロード違法化により逮捕される可能性もありますので、注意したほうがいいですね。

参考:週刊現代で紹介のエロ動画サイト「avgle」って本当に安全?ダウンロードしても大丈夫?

まあ、ストリーミング視聴する場合でも、広告が多すぎて、今では見るのも結構きつくなっていますし、なによりセキュリティ上の懸念が大きいので、もうAvgleは使えないなといった印象です。

モザイクなしの無修正エロ動画を見たいなら、「無修正AV見放題!月額1000円台の格安エロ動画配信サイト比較」を参考にしてみるといいかと思います。

月額9.99ドル(約1100円)で2万本以上の無修正AVがストリーミングで見放題と、今やモザイクなしの無修正AVは格安で観ることができます。

月額1100円が勿体ないという場合には、Avgleを使い続けてもいいかと思いますが、正直、ウィルス詐欺系の広告も表示されるようになっていますし、基本的には利用しないほうが無難だとは思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿